menu

サロンオーナー必見!店舗の内装設計デザインのAtoZ

店舗内装デザイナーランキング 東京編

店舗内装デザイナーランキング 東京編

・おすすめの店舗内装デザイナー紹介

どんなに良い商品を揃えても、店舗の内装デザインが悪かったら意味がありません。
最高の料理が揃っているレストランで超一流シェフが振る舞っていたとしても、店内の内装デザインがボロボロであれば、お客様は寄って来ません。
逆にとんでもなく不味い料理でも、内装デザインが良かったら利益を挙げることができます。
内装を整えるには、デザイン事務所や施工事務所に頼みたいところです。
そこで東京でおすすめしたい、店舗内装デザイナーをランキング形式で紹介します。
≫ 続きを読む

2019年 床屋の店舗の内装デザインのトレンドは?

・床屋内装のトレンドは?
店の前に白と青と赤の回転ポールが回り、店舗の中に入ると理容師が丁度お客様のお髭を剃っている光景が見られるのが、床屋です。
一昔前は地元の人達が集う溜まり場的な役割を持っていましたが、2019年はオシャレな人達が集う場所へと様変わりしました。
今と昔とで違う要因となっているのが、内装デザインでしょう。
床屋の内装デザインは、大きく様変わりしています。
≫ 続きを読む

店舗の内装デザインはまず費用を意識することが大切

・店舗の内装デザインは費用を意識する
店舗の内装デザインのウェブページを見てみると、都会的でおしゃれなデザインの店舗が目に付きます。
開業する自分の店にもおしゃれな内装デザインが施せれば、千客万来間違いなしと胸が踊ることでしょう。
しかし忘れてはならないのは、費用です。
開店するには費用がかかることは、嫌でも体に染み付いていることとおもいます。
当然ながら、内装デザインを考えるのもお金はかかります。
費用を意識して、デザインを考えることも必要なことです。
≫ 続きを読む

新店舗の内装デザインにかかる費用一覧

・新店舗の内装デザインにかかる費用
店舗の内装デザインは頻繁に頼むものではないので、費用がいくら掛かるのかは想像もつかないでしょう。
こればかりは「業者による」としか言いようがないので、「○○円」と断言はできません。
だからあくまでも参考程度として、捉えて頂ければと思います。
店舗を新規にオープンする場合、店舗オフィス工事費・物件費・開店準備費・諸経費の4つの経費がかかります。
物件費は不動産仲介手数料や保証金などで、開店準備費は仕入れや広告費が該当します。
諸経費は店の運営で必要になる経費です。
≫ 続きを読む

店舗や美容室の内装デザインを選ぶときのポイントは?

・内装デザインを選ぶポイント
店舗や美容室の内装デザインを選ぶ時のポイントは、チグハグにしないこと・統一感をもたせること・盛り込みすぎないことです。
どれも超基本的な事柄ですが、気が付かない内に基本が守られていない場合があります。
基本が守られていなければ、おしゃれな内装デザインが全て台無しになります。
では具体的に何をどう守れば良いのか、内装デザインのポイントについて取り上げます。
≫ 続きを読む

カフェの店舗内装デザインの考え方

・カフェの歴史
日本にコーヒーが入ってきたのは、江戸時代中期の頃と言われています。
現在のような喫茶店ができたのは、明治に入ってからです。
そして時代は流れ、カフェが登場しました。
カフェは瞬く間に日本中に広がりました。
また平成に入ってからは、アメリカのカフェ店が日本へ上陸しました。
するとみるみる内に話題になり、たった10年で数あるカフェ店の頂点に君臨しました。
アメリカのカフェ店がなかったら、日本にカフェ文化が定着することはなかったでしょう。
≫ 続きを読む

独自の魅力的な特徴がある美容室などの店舗の内装デザインを請け負う会社

・美容室は店舗内装に大きく左右される
店舗の内装デザインの影響が大きい業種と言えば、美容院かもしれません。
数々の美容師世界大会で優勝したほどのレベルの腕前を持っていても、内装がボロボロになっていると、お客様は誰一人近づこうともしません。
逆に美容師学校出たてホヤホヤの人しかいなくても、しっかりした内装デザインになっているだけで、お客様は殺到します。
「美容師は腕があってなんぼ」という声もあるでしょうが、腕だけで成功できるほど、甘い世界ではありません。
≫ 続きを読む

ホテルで特徴的な店舗の内装デザインについて

・ホテルの需要は高まりつつあるも
訪日外国人観光客が増え、ホテルの需要は高まりつつあります。
ホテルを開業すれば、利益は確実でしょう。
ただしホテル需要が高まっているとはいえ、内装に躓いてしまうとどうしようもありません。
外国人観光客に悪い印象を与えてしまうと、ホテルの悪評判は世界中に広まるでしょう。
≫ 続きを読む