お客様のデザイン情報の収集

お客様のデザイン情報の収集

内装デザインにおいて業者さんと話して自分の納得いく内装デザインに仕上げることができたが、飲食店や美容院などを実際に開業して
も想像していたとおりにお客様がたくさんくることはないと思います。また、内装デザインで自分が来ると予想していた人数と実際の
人数が求めていることとは違うと思います。そのようなことが続くと来ていただいたが離れてしまい、つぶれてしまいます。

では、求めていたお客様に来てもらえるようにはどうしたらいいのだろうか?そのためには、考え方にあることを取り入れる
必要があります。

その考え方とは「見てもらう」,「体感してもらう」である。飲食店や美容院を開業している人でもこれから飲食店や美容院を開業しよ
うと思っている人でも開業しようとするときに「どのようにしたら売れるだろうか?」と考えたことはないだろうか?

確かに売れることはとても重要ですが、「どのように売れるか」という言葉は捕らえ方によっては商品を売ることしか考えていない
というようにしか聞こえないこともある。どんなに深く思っていててもそれを完璧に理解できる方は1割もいない。
る。

深く考えようとせず、ただ単純に「多くの方達に見てもらえるようなものとはどういったものなのかと考えればよい。」それに体感で
きることも含めるとさらに、お客様自身が喜びを味わうことになりまたここを訪れるようになると思います。飲食や美容の内装デザイン
を行うときの考え方の違いとして「いかにお客様を入れようと考えたり」,「いかにをつぶさないように工夫するかではない」

このような考えを見透かされてしまったときは、そのような方たちがその飲食店や美容院から離れてしまいます。しかし、「来ていただい
た方にいかに喜んでもらえるのか?」,「また来てみたいと思ってもらえるか?」である。また来てもらいたいということは大事だが、
そのために「売上」や「集客」に関連付けさせることは一番いけないことです。飲食店や美容院でも内装デザインを行う際は
その方たちの「満足」と「幸福」関連付けた内装デザインが重要であると思います。