内装デザインの需要

内装デザインの需要

現在内装デザインの需要はどうなっているだろうか?現在は会社を企業する人が増えてきたから内装デザインの会社も増えてきて
いるんじゃないだろうか?

確かに近年、飲食店や美容院といった店舗の開業が多くなって来ています。飲食・美容系の内装デザインにに関するサイトも多く、
そこによってさまざまな内装デザインが存在する。ではなぜ、近年飲食・美容に関する内装デザインの店舗が増えてきているのか?
その理由として企業しようとする人たちの考え方の変化にあります。

どういうことかというと、「やりたいことをしたい。」,「楽しい職場を作りたい」などの様な考え方が増えてきたからです。
飲食店で働いたとしても毎日皿洗いしかさせてもらえない、美容院でも受付と来たお客様への挨拶しかさせてもらえなかったなど
やりたかったことをやらせてもらえなかった。このように考える方たちが自分から会社を起こしたいと考えて企業する。

この考えについて2つのパターンがあると見解できる。

1つ目上司からいわれたことをやるのは言い換えれば、
「人の基本を作り上げる為にやっている。」と言える。どういうことかというと、「皿洗いしかさせない」や「受付とお客様の接客」
しかさせてもらえないというのは、ビジネスをやる上でまず人とのつながりを大事にしている為である。

どんなに技術を持っていてもどんなに才能があってもまずこの基本の部分を作り上げないといけないと考えている。内装デザインを
行ううえでも基本の知識や基本のお客様との接客があるから働いているお店が「何の為に働いているのか?」が見えてくる。

飲食店や美容院では特にこの考え方が多く、最初は皿洗いで食べていただくお客様に不快な思いをさせないようにし、挨拶をすること
で着ていただく人との交流を深める。飲食店や美容院ではこれに特に徹底しているのでいつの時代も需要があるのだ。

2つ目は反対に自分でやりたいことを
することである。これは上司の人が言っていることが間違っていることに気づいた人が起こす行動である。1つ目で述べたことが本当に
自信のためになるといっても、実際は利益や売上のことしか考えていない上司であると気づいて会社から立ち去り、お客様を意識した
会社を自分で立ち上げるのである。内装デザインを行ううえで上司が自分の意見しか聞こうとしないときは利益のことしか考えていな
いことである。2つのパターンはそれぞれの考え方やこだわりがあるが問題もある。

飲食店や美容院で上司が利益を上げるために、安い食材や材料を使っており間違っていても(何か言われるからいえない。」ということが
あるから飲食店や美容院をやめて新しく自分で店舗を開業する。その時に飲食店や美容院でお客様に喜んでもらいたいと言うことでそこ
にしかない内装デザインを行い来ていただいた方に喜んでもらえるような飲食・美容店にしている。

近年、飲食・美容の内装デザインの需要が伸びていると言っているがそれは、私たち人間が変わってきたからではないだろうか?
私たちが望む考え方が内装デザインの需要を伸ばし、新しい内装デザインが増えていると思います。