|シャンピア北沢(駅チカ)

|シャンピア北沢(駅チカ)

我が家の先生はビールが大好き。そのビールとの最強ペアが餃子だと申しておりまして,餃子大,大,大好きです。料理に薀蓄をたれるのもこれまた大好きで,「望月,ギョーザはな小麦粉文化の究極の食い物なんだ。ギョーザの主役は皮だ!皮!」とのたまっています。もちろん皮作り,具作りから始めることになるわけで,50個程度作っても時間とコストパーフォーマンスが悪いため,私も呼ばれて少なくとも200個程度を作る事になります。当然半日以上かかる一大イベントと化します。
私の仕事はと申しますと,延々と大量の白菜のみじん切り。韮はちょっとだけ。オススメ中古マンションはこちらです。
これに味の変化をつけるための変わり餃子用の海老とか干し椎茸が用意されます。「おまえ,これでみじん切りのつもり?こんなにでかくちゃぁ,歯あたりが悪いだろう!手を抜くんじゃない」などと罵られながら,ひたすらみじん切りが続きます。先生は小麦粉をこねながら「おれ,陶芸家にでもなろうかなぁ」などと吹いています。
包む段になりますと,手先が不器用だの,包み方に工夫がないだの文句を言われるわけです。しかし大汗を書いて作った餃子はやはり最高でして,「上手すぎますねぇ〜,先生!」,「生きてる喜びをひしひし感じる美味さだな」などと言いながら,気がつくと先生の御家族と合わせて4人でほぼ完食。空になったビールの小ビンがこれまた10数本程度並んで,奥様に呆れられてしまいます。
幸運にも余りが出ますと貰って帰りますが,冷凍庫で凍らせて保存しておくと,1週間程は美味しく焼いて食べることができます。手作りの皮だと水餃子にすることもできます。今度は保存分と合わせて500個作ると言ってましたが,みじん切りの作業を考えると,300個で止めて欲しいと思っています。