|【対策】内装という内装をひっぺがしました。

|【対策】内装という内装をひっぺがしました。

【対策】内装という内装をひっぺがしました。もちろんエアコンレスに。
これが一番効いてくるかな?

4.トラクションがかからない。
去年のマシン、ZEROさんが解体屋さんからタダでもらったメーカー不明の抜けかかった車高調がついていました。しかも前後違うメーカー!?減衰力もバネレートもわからないまま走ってました。
タイヤも純正幅の205サイズ16インチでした。
オススメ中古マンションはこちらです。
それでも一応RE01Rなので、まずまずのグリップをするのですが、攻め込むと特にリヤのトラクション不足が露呈しました。
【対策】今年は某レース用車高調を新調!
さらにタイヤはF225、R255の17インチに!
極め付けは去年はノーマルリヤスポだったところ、今年はGTウイング装着!
です。

5.レギュレーション違反。
レギュレーションにより燃料補給ピットイン時は5分間の停止(ピットロードに入ってから出るまでの時間)が義務付けられているのですが、去年はその5分の計測がうまくできなかった(チーム員のピットクルーがピットロードにマシンが入ってきてから計測開始するのですが、ピット入口が見にくい)ため、実際には5分にちょっと満たない時間でピットアウトしちゃった時があったらしく、レース後に5周減算ペナルティを喰らいました。これが一番痛かったです。
【対策】マシンに「キッチンタイマー」装着しました(笑)ドライバーがピットイン時に5分にセットしたタイマーをスタートさせるのです。ピピピっと鳴ってからピットアウトすれば完璧でしょう!